山口障害年金相談センター | 山口市にて障害年金の受給や申請などのお手伝い、お悩みの相談伺いを行っております。

障害年金の請求の仕方

障害年金の請求の仕方には、4つのパターンがあります。

1. 本来請求

本来請求とは、初診日(障害の原因となる病気やけがを、初めて医師に診察してもらった日)から1年6か月後に通院し、その日を障害認定日として、障害認定日から3ヶ月以内の診断書を用意し、障害認定日から1年以内に請求する方法です。

本来請求の場合、障害認定日から3ヶ月以内の診断書が必要です。
支給される金額は、障害認定日の翌月からになります。

2. 遡及請求

遡及請求とは、障害認定日より制度を知らなかったなどの何らかの理由で一年以内に、障害年金を請求できなかった場合に、最大で5年間までさかのぼって障害年金を請求できます。

※本来請求と異なって、障害認定日から3ヶ月以内、請求日より前の3ヶ月以内の診断書が必要です。

3. 事後重症請求

事後重症請求とは、障害の原因となるけがや病気について初めて医者の診断を受けた日(初診日)から1年6か月後の認定日に、障害年金の支給を受けられるまでの病状ではなかったが、その後、病状が障害年金を受けられるレベルになってしまった場合です。

65歳になる前々日までに、障害年金の請求ができます。

※遡及請求との違いは、障害年金が請求した翌月からの支給になります。
請求日よりさかのぼって支給されることはありません。

4. 初めて2級による請求

初めて二級による請求とは、以前からあったA障害に、新たにB障害が加わることにより、障害等級が1級または、2級になることで、請求できます。


※この場合、B障害を初診日とし、保険の加入状況、保険料の納付状況をみます。
事後重症のときとは違い、請求は65歳を過ぎてからでも可能です。

障害年金の認定の審査には、医師が診断書に書いた内容が認定を決める上で重要な要素とされます。認定を得るためには、診断書をお客様の病状を正確に記す必要がございます。

しかしながら、お医者様の中には、多忙で診断書を書く時間を割けない、診断書を書くことがあまりなく苦手である、といった理由で、障害年金を獲得できるほど、十分な基準で書けるお医者はそう多くはありません。

当センターにご依頼すれば、そういった負担も軽減することができますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

障害年金に関することはお気軽にお問い合わせください!

083-941-0135

平日 9:00 - 18:00

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • うつ病うつ病 うつ病とは・・・ 現在わかっている原因として、「心理的なストレス」、「脳内の変化」、「体質」の3つが挙げられます。これら3つの原因が重なって、うつ病を引き起こしていると考えられます。 うつ病の症状について 下記の症状の為に、日常生活全般に深刻な機能低下が生じてしまいます。 ①気分が落ち込み […]
  • 緑内障とは緑内障とは 緑内障とは 眼底にある視神経という部分が障害を受けて、徐々に視野が狭くなってくる病気です。時間の経過とともに見える範囲が狭くなっていきます。人間の目は、中心の視野は解像度が高く、周辺の視野は中心から離れるほど解像度が低くなるという特徴を持っています。そのため、緑内障によって視野が少し欠けたとしても「モヤモヤして見える」「疲れているのかな」と思う程度であまり気にならないことが […]
  • 障がい者手帳がないと障害年金は受け取ることができない?!障がい者手帳がないと障害年金は受け取ることができない?! 結論から先にいうと、障がい者手帳がなくても障害年金を受け取ることができます。   まず、障害年金というのは、年金法と呼ばれる国民年金法及び厚生年金保険法にて定められている障害の程度に当てはまれば受け取ることが可能です。   障害の程度とは 3級、2級、1級の順に症状が重くなっていき、そのおよその障害状態として   […]
  • 障害年金とは障害年金とは 障害年金とは、労働に支障が出てくる、日常生活に影響を及ぼすような障害を負ってしまった際に、もらえる年金のことを言います。 障害を負ってしまうと、病院に通うことやけがの後遺症で、収入が心細くなってしまう、 治療費の支払いの負担の重さ、毎月の支払わなければならない費用で家計が圧迫されてしまう等といった不安があります。 そういった際に年金をもらうことができれば、生活の手助けと […]
  • 統合失調症とは統合失調症とは 統合失調症とは・・・  統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる頻度の高い病気です。「普通の話も通じなくなる」「不治の病」という誤認識なイメージがありますが、多くの場合、治療すれば患者さんは回復していきます。 高血圧や糖尿病などの生活習慣病と同じように、早期発見や早期治療、薬物療法と本人・家族の協力の組み合わせ、再発予防のための治療の継続が大切です。近年では、脳の構造 […]
PAGE TOP